このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

中東呼吸器症候群(MERS マーズ)について

更新日:2015年6月22日

中東呼吸器症候群(MERS マーズ)が、韓国で多数発生しています。

中東呼吸器症候群(MERS マーズ)とは

中東呼吸器症候群(MERS)は、2012年に初めて確認されたウイルス性感染症の一種で、新種のコロナウイルス(MERS-CoV)が原因とされています。
主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。下痢などの症状がある場合もあります。MERSに感染しても、症状が現われない人や、軽症の人もいますが、特に高齢の方など、重症化する場合もあります。
感染経路は、まだ正確には分かっていませんが、飛沫感染(咳やくしゃみなどによる)又は接触感染による感染であると考えられています。
MERSの発生が報告されている地域においては、咳やくしゃみなどの症状がある人との接触を避け、また動物(ラクダを含む)との接触は可能な限り避けることが重要です。

中東呼吸器症候群(MERS マーズ)についての問合せ先

東京都多摩府中保健所
電話番号:042−362−2334
対応時間:平日午前9時から午後5時まで

関連資料

詳しくは、以下の東京都感染症情報センターホームページ及び厚生労働省ホームページをご覧ください。

お問合わせ

健康課健康係
電話:042-321-1240
FAX:042-321-6423
メールアドレス:s050499@koganei-shi.jp

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る