このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

「じどうかんフェスティバル2017〜ここからはじまる物語〜」終了のお知らせ

更新日:2017年12月10日

じどフェスロゴ

 市内の子どもたちと4つの児童館が協力して、「じどうかんフェスティバル2017」(通称じどフェス)を開催し、みんなで盛り上がりました。
 たくさんの参加・応援ありがとうございました。
 当日の様子を写真とともに報告します。

じどうかんフェスティバル2017大成功

線

四館合同行事「じどうかんフェスティバル2017」 みんなで成功させました

 今年度で5回目を迎えるじどフェス。会場は小金井第三小学校の体育館で行いました。
 内容は、4つの児童館からなる遊びと展示のブースと、市内の幼児・小学生から高校生までが参加するステージを交互に行う2部構成です。
 例年同様「子どもたちが主体となって作るイベント」をコンセプトとし、ブースやステージは子どもたちの意見を尊重しながら、約半年の準備期間を経て開催となりました。

 午前11時。お笑い芸人の仮装をした職員による開催宣言により、じどフェスは始まりました。
 まずは児童館ごとに特色を出し合った「フェスも今年で5周年!児童館ブース」が開かれました。各児童館の活動紹介や作品の展示、ほんちょうROUND51(本町児童館)、ヒガジ和まつり(東児童館)、ミニミニ児童館(貫井南児童館)、VS緑(緑児童館)などの魅力的なコーナーが並び、どこもたくさんのお客さんで大賑わいでした。また、会場外にはたこ焼き屋、わたあめ屋が並び、どちらも常に列が途切れず、子どもスタッフたちのうれしい悲鳴が聞こえていました。
 第2部でもお客さんが途切れることはなく、どこの児童館ブースも大盛況で終了することができました。

 ブースの後にスタートしたステージ発表「じどうかんクオリティー爆発!スペシャルステージ」は、ダンス、ヲタ芸、合唱、お笑い等、バラエティーに富んだ個人からグループまでの計15組が出演しました。
 司会は第1部を東児童館の職員と子どものペアが、第2部を本町児童館に通う中・高校生たちのグループ「ヲタゲ部」が努め、各団体の紹介や場をつなぐためのトークで会場を盛り上げてくれました。
 ステージ発表はどのチームも一生懸命さが伝わるパフォーマンスで、観客を沸かせてくれました。
 出演者たちは、自分の出演が終わると他のグループの応援に回ってもらうことにしていました。ダンスグループの発表が多かったため、自分と同年代の子どもが踊るダンスを見て応援しながらも学ぶことが多かったようです。

 すべての出演終了後に、子どもスタッフ、出演者全員がステージに上り、今流行りのダンスを全員で踊りました。その後記念写真を撮り、「じどうかんフェスティバル2017」は無事終了しました。

集合写真
最後はみんなで「はいチーズ」

線

問い合わせ先
 本町児童館:電話・FAX 042-383-1176
 東児童館:電話・FAX 042-383-1177
 貫井南児童館:電話 042-383-9777 FAX 042-387-1228
 緑児童館:電話・FAX 042-383-6910

お問合わせ

児童青少年課
電話:042-387-9847
メールアドレス:s050699@koganei-shi.jp
※行事の内容についてのお問い合わせは、各児童館にお願いします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る