このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

市内における空間放射線量の測定結果について

更新日:2019年7月5日

 市では、東京都から貸与された測定器(シンチレーションサーベイメータ TCS-172B)を使い、市内各所で大気中の空間放射線量の測定を行っています。測定場所は、認可保育園(22園)、私立幼稚園(6園)、市立小学校(9校)、市立中学校(5校)、児童館・学童保育所(10か所)の合計52か所で測定しています。(台風等、荒天時には測定を中止する場合があります。)
 今年度の定点測定は、令和元年8月を予定しています。

安全基準の考え方

 大気中の空間放射線量については、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告を受け、原子力安全委員会が定めた「環境放射線モニタリング指針」による、一般人(原発事故復旧等に携わる者を除く)が年間に浴びる放射線の線量の値は、平常時で1ミリシーベルト以下としています。
1年間の積算線量を以下の計算式で推計することができます。
(測定結果−自然放射線量)×(24分の16×0.4+24分の8×1)×24時間×365日

  • 自然放射線量は、一般的には0.04(マイクロシーベルト/時間)といわれています。
  • 1日の生活パターンを屋外に8時間、木造家屋内に16時間いると仮定した場合。
  • 木造家屋内での放射線量は、屋外の40パーセントに低減するものとします。
  • 1ミリシーベルト=1,000マイクロシーベルトです。
  • この計算式によると、測定結果が0.23(マイクロシーベルト/時間)を超えないと年間積算線量が1ミリシーベルトを超えることはありません。

市内公共施設等での測定結果は、下記よりご覧になれます。

走行サーベイによる空間放射線量測定について

 文部科学省から貸与されたシステムを使い、平成24年9月24日から平成24年9月28日まで市内の道路において走行サーベイ(注釈1)を実施しました。
 測定結果は、すべての区域で市の基準である0.23(マイクロシーベルト/時間)を下回りました。
(注釈1)走行サーベイとは、道路周辺(高さ1メートル・周辺30メートル)の空間線量率を連続的に測
   定するため、自動車に放射線測定機搭載し、地上に蓄積した放射性物質からの
   ガンマ線を詳細かつ迅速に測定する手法です。 

詳細結果は、下記よりご覧になれます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。放射線量等分布マップ拡大サイト(文部科学省)(外部サイト)

閲覧手順

  1. 上記リンクを開き、「電子国土版」をクリックする。
  2. 同意文を確認し、同意した上で「同意する」をクリックする。
  3. ページ右側の「航空機モニタリング結果」の「空間線量率」のチェックを外す。
  4. ページ右側を下にスクロールし、「放射線量等分布マップ(走行サーベイ)」をクリックする。
  5. 「第4次走行サーベイ結果」にチェックを入れる。
  6. 地図を目的の場所にスクロールし、拡大していくと結果をご覧になれます。(この時、100メートルメッシュの四角いマスをダブルクリックすると、その区域の平均放射線量を見ることができます。)

その他

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

環境政策課環境係
電話:042-387-9817
FAX:042-383-6577
メールアドレス:s040199(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る