このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

地域の防災ボランティア 「消防団員」募集!!

更新日:2018年3月2日

「消防団」って何?
 消防団は消防署と同じ消防機関です。消防署は、消防職員が組織する常備の消防機関であるのに対し、消防団は、平素は生業を持っている住民が組織する非常備の消防機関です。消防団員は、会社員や自営業者・学生など、本来の仕事や学業をしながら、地域の防災ボランティアとして活動を行っています。
 なお、「小金井市消防団」では、地域の防災リーダーとなりうる消防団員を募集しております。ぜひ、皆さんの力を地域の防災力向上のために、お役立て下さい。

消防団の活動

災害発生時の活動 火災や地震、台風などの災害発生時には、消防署と連携して、迅速な消火・救助活動を行い、まちと市民の安全を守ります。

日々の訓練活動 災害活動には、専門的な技術や知識が必要です。消火訓練や救助・救護訓練などを行い、消防団の災害活動力を高めています。

地域と連携した活動 火災予防運動、防災訓練や地域の催し物が行われる際に、火災予防の呼びかけや初期消火などの指導を行っています。

 

  • 消防団員の訓練風景
  • 地域の防災リーダーとしての活動風景

消防団員の入団資格

年齢18歳以上の方で、小金井市内に居住、勤務または在学している方

※ 入団を希望する方は、下記の問合せ先にご連絡下さい。

<学生の方へ>
 消防団員の減少が進む中、学生消防団員数は年々増加しており、全国で2,000人以上の学生消防団員が活躍しており、小金井市でも、大学生の消防団員が活動しています。消防団活動を通して、職業や年齢の異なる様々な人と触れ合ったり、大学やアルバイトでは得られない貴重な体験をしてみませんか?
 消防団員として社会貢献に努めたことを評価し、就職活動を支援する「学生消防団活動認証制度」もございます。

<会社員の方へ>
 現在、就業形態や社会構造の変化に伴い、全国の消防団員の約7割が会社員です。小金井市でも、普段は会社に勤めている被雇用者の消防団員が活躍しています。
 会社員の場合、仕事と消防団活動との両立が難しいと思われがちですが、訓練等は休日や終業後の時間を使って行っております。東日本大震災以後、地域防災への関心が高まる中、地域の一員として、ご家族はもちろん地域住民のために、あなたの力を役立ててみませんか?

<雇用主の方へ>
 被雇用者が消防団活動を円滑に行うためには、雇用主の理解と協力が必要不可欠です。被雇用者が消防団に加入しやすく、かつ消防団活動を行いやすい環境作りにご協力ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

地域安全課防災消防係
電話:042-387-9807
FAX:042-384-6426
メールアドレス:s020299@koganei-shi.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る