このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 公園
  4. お知らせ
  5. 滄浪泉園開園40周年イベントを開催しました。

本文ここから

滄浪泉園開園40周年イベントを開催しました。

更新日:2019年5月23日

令和元年5月19日(日曜)の午前10時より滄浪泉園開園40周年イベントを開催しました。
このイベントは本年度より森林環境譲与税が市町村に譲与されることを受け、「森林整備及びその促進事業」として実施しました。
多くの御家族連れの方にご参加いただき、大盛況となりました。

イベント受付

先着100名の方にエコバッグとカブトムシの幼虫をプレゼントするということで1番早い方は開園前の午前8時45分から並んでいただきました。

オープニングセレモニー

開園イベント開始の午前10時前に100名に達し、大盛況の中イベントが始まりました。


多くの親子の方にお集まりいただきました。

植樹体験イベント

植樹体験イベントでは参加者から抽選で選ばれた方に御協力いただき、3本の白梅を植樹しました。

スタンプラリー形式による環境講座

続いて3つのグループに分かれて、多彩な講師陣による身近な樹木や森林の大切さを学ぶ環境講座をスタンプラリー形式で開催しました。

A講座 滄浪泉園内を巡ってオモシロ樹木を見つけよう

A講座の講師を担当していただいた森林インストラクター・樹木医の岩谷 美苗さんから、ムクロジの木についてご紹介いただきました。
ムクロジの実を水の入ったペッドボトルに入れると細かい泡が出てきて、石鹸になるということを教えていただきました。

B講座 まぎらわしい木と花のお話

B講座の講師を担当していただいた市内で造園業を営んでいる杉山 薫さんから、身近にある桜、梅、桃、杏の見分け方や七夕の歌をみんなで歌いながら竹と笹の見分け方など学ぶなど和やかな雰囲気で身近な樹木や花について教えていただきました。


講師の方から出されるクイズに楽しそうに答えていただきました。

C講座 おやつを食べて森林保全?

C講座の講師を担当していただいたNPO法人 こがねい環境ネットワークの神村 佑さんから、秩父の森で間伐されたカエデの樹液から作ったメープルシロップを使用したお菓子をみんなで食べました。
お菓子を食べることでも森林を守ることにつながるという秩父のユニークな森林保全の取り組みをご紹介いただきました。

カブトムシの幼虫のプレゼント

3つ全ての講座を修了した人には小金井市内の公園や農家の方などの御協力で集めたカブトムシの幼虫をプレゼントしました。


カブトムシとセットでプレゼントした限定エコバッグ

イベント当日の来園者400人を突破

参加者の多くが初めて滄浪泉園に来園したということで、「市内にこんな場所があるとは知らなかった、また来たい」との声を多く聞くことができ、滄浪泉園を知っていただく貴重な機会となりました。
先着100名に達した後も特別無料開園日として多くの方に御来園いただき、1日を通して400名を超える方が滄浪泉園の新緑を楽しんでいただきました。

お問合わせ

環境政策課緑と公園係
電話:042-387-9860
FAX:042-383-6577
メールアドレス:s040199(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る