このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

固定資産の所有者が死亡したとき

更新日:2019年6月21日

 年の途中で固定資産の所有者が亡くなられた場合は、その年度の納税義務は相続人の方に引継がれることとなります。(地方税法第9条) 
 翌年度以降の分については、相続登記が完了するまでの間、相続人を代表して固定資産税・都市計画税の納税通知書をお受け取りいただく方(相続人代表者)の指定が必要です。
 亡くなられた日付によって提出する書類が異なりますので、下記の(1)もしくは(2)のうち、いずれかの書類をご提出ください。

(1)賦課期日(1月1日)以前に亡くなられた場合

 翌年度分の固定資産税・都市計画税の賦課期日(1月1日)より前に亡くなられた場合、「固定資産現所有者(相続人代表者)指定届」をご提出ください。
 ただし、死亡日が属する年の12月末日までに相続登記が完了する場合は不要です。
 なお、書類提出後、12月末日までに相続登記が完了した場合は、登記情報が優先されます(登記上の新名義人に対して翌年度の納税通知書が送付されます)。
 
(例)
 死亡日:令和元年5月25日
 翌年度分の固定資産税の賦課期日:令和2年1月1日
 →令和元年12月中に相続登記が完了する場合、書類の提出は不要です。
  完了しない場合は、「固定資産現所有者(相続人代表者)指定届」の提出が必要です。

提出書類

(2)1月2日以降に亡くなられた場合

1月2日以降に亡くなられた場合は、「相続人代表者届出書」をご提出ください。
 
(例)
 死亡日:令和2年1月15日
 翌年度分の固定資産税の賦課期日:令和2年1月1日
 →すでに賦課期日が過ぎているため、「相続人代表者届出書」の提出が必要です。

提出書類

注意事項

  1. ご提出いただく書類は固定資産税・都市計画税の納税通知書の送付先に関するもので、相続登記や相続税とは一切関係ありません。登記名義人の変更には法務局でのお手続きが必要になりますので、詳しくは東京法務局府中支局にご確認ください。
  2. 未登記家屋をご所有の場合は、小金井市へ所有者変更の届け出が必要です。詳しくは下記のページをご覧ください(小金井市ホームページ内リンク)。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

資産税課家屋係
電話:042-387-9821
FAX:042-386-2609(複数の課で共用しているため、資産税課宛とご記入ください。)
メールアドレス:s030699(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る