このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 暮らしを支える市税
  4. 固定資産税・都市計画税
  5. QA
  6. 家屋が古くなっても評価額が下がらないのはなぜですか

本文ここから

家屋が古くなっても評価額が下がらないのはなぜですか

更新日:2019年6月24日

回答

 家屋の評価額は、評価替えの時点において、評価の対象となった家屋と同一のものをその場所に新築するとした場合に必要とされる建築費に、家屋の建築後の年数の経過によって生じる損耗の状況による減価をあらわした経年減点補正率や評価額を算出した後の建築資材費・労務費等の建築物価の変動を考慮した補正率等を乗じて求められます。
 したがって、建築物価の変動による建築費の上昇の割合が、年数の経過によって生じる損耗の状況による減価の割合を上回る場合は、家屋が古くなっても、必ずしも評価額が下がりません。
 ただし、その価額が前年度の価額を超える場合は、通常、前年度の価額に据え置かれることになります。

お問合わせ

資産税課家屋係
電話:042-387-9821
FAX:042-386-2609(複数の課で共用しているため、資産税課宛とご記入ください。)
メールアドレス:s030699(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る