このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 暮らしを支える市税
  4. 東日本大震災に関するご案内
  5. 東日本大震災の被災による代替の土地や家屋を取得した方の固定資産税に関する特例措置

本文ここから

東日本大震災の被災による代替の土地や家屋を取得した方の固定資産税に関する特例措置

更新日:2019年6月24日

 東日本大震災により被害を受けた住宅用地や家屋をお持ちの方が、それに代わる土地や家屋を取得された場合には、固定資産税・都市計画税について、次の軽減措置を受けることができます。この軽減措置を受けるには、特例適用申告書及び添付書類による手続きが必要となりますので、該当される方はご連絡ください。

被災した住宅用地に代わる土地を取得した場合

 東日本大震災により滅失や損壊した住宅の敷地となっていた住宅用地(被災住宅用地)の所有者等が、平成23年3月11日から令和3331日までの間に、その被災住宅用地に代わる土地(代替土地)を取得した場合は、その代替土地のうち被災住宅用地の面積に相当する分について、取得後3年度分、住宅用地とみなします。これにより、固定資産税と都市計画税が軽減されます。

被災した家屋に代わる家屋を取得した場合

 東日本大震災により滅失や損壊した家屋(被災家屋)の所有者等が、平成23311日から令和3331日までの間に、その被災家屋に代わる家屋(代替家屋)を取得した場合は、その代替家屋に対する固定資産税と都市計画税の税額のうち被災家屋の床面積に相当する分について、最初の4年度は2分の1、その後2年度分は3分の1の軽減を受けることができます。

特例対象者

1. 被災住宅用地・被災家屋の所有者(共有物の場合は、その持分を有する者)
2. 被災住宅用地・被災家屋の所有者に相続が生じたときの相続人
3. 被災住宅用地:被災住宅用地の所有者の3親等内の親族で、代替土地の上に新築される家屋に同居する予定であると認められる者
  被災家屋:被災家屋の所有者と代替家屋に同居する3親等内の親族
4. 被災住宅用地・被災家屋の所有者が合併により消滅したときに、合併後存続する法人、合併により設立された法人又は、被災土地又は被災家屋に係る事業を継承した分割継承法人
 
注記:すでに一度本特例の適用を受けている場合は対象にはなりません。

提出書類

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

資産税課
電話:042-387-9821
FAX:042-386-2609(複数の課で共用しているため、資産税課宛とご記入ください。)
メールアドレス:s030699(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る