このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

ほとけをえがく、そしてうつす―台東区所蔵 法隆寺金堂・敦煌莫高窟壁画模写

更新日:2018年10月19日


(C)小金井市立はけの森美術館

平成30年度企画展 第2弾を開催します。

会 期

平成30年10月30日(火曜)から12月22日(土曜)

開館時間・休館日

午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

月曜日

観覧料

一般500円 小中学生200円
※未就学児および障害者手帳をお持ちの方は無料
※平成30年12月1日(土曜)は市制60周年を記念した無料観覧日

企画概要

 台東区が所蔵する敦煌莫高窟壁画模写、および法隆寺金堂壁画模写は、東京藝術大学修了制作の一環として制作されたものです。近代以前より、模写は洋の東西を問わず、画家を目指す上でもっとも基本となるレッスンの一つとみなされてきました。傑作がどのような手わざによって生み出されているかを、忠実になぞり体験することで理解していくのです。これは中村研一も学んだ東京美術学校、また後身である東京藝術大学でも同様でした。
 さらに敦煌莫高窟、そして法隆寺の金堂壁画は日本の仏教絵画、すなわち「ほとけを描くもの」の、源泉となるものです。中国の敦煌莫高窟では、4世紀半ばから14世紀にかけての非常に長い期間にわたって、造営が続けられました。そのなかでも、7世紀からの唐代は、ちょうど日本に仏教が伝わった時期にあたります。教えだけでなく、日本でも仏の姿を描きあらわすようになったとき、唐代の絵画はその「お手本」となったのです。日本における最古の本格的な仏教壁画として法隆寺金堂壁画に目を向ければ、そこには敦煌莫高窟における唐代壁画と共通する要素を見いだすことができるでしょう。
 本展は、「仏教壁画」と「模写」という一見少し難しい、けれど奥深い二つのテーマを、台東区所蔵の敦煌莫高窟壁画、法隆寺金堂壁画を通し、紹介するものです。資料としてだけでなく作品として模写を見たとき、描く=写すことを通じて見えてくるものの探検に出かけてみましょう。

展覧会のみどころ


「敦煌莫高窟壁画 第220窟 南壁 阿弥陀浄土変相部分(初頭)」模写 仲裕行 昭和63年度


「敦煌莫高窟壁画 第220窟 南壁 阿弥陀浄土変相部分(初唐)」模写 國司華子 昭和63年度

関連イベント  

1 市制施行60周年を記念した無料観覧日

平成30年12月1日(土曜)は小金井市市制施行60周年を記念し、本展覧会料が無料に!


2 ギャラリートーク: 学芸員による特別テーマトーク [事前申込不要]

今回の展示ではギャラリートークがより深いテーマに沿ったものに。展示のキーワード「模写」と「ほとけ」それぞれについて、各日で解説します。
(1)平成30年11月24日(土曜)午後2時から午後2時30分 
(2)平成30年12月15日(土曜)午後2時から午後2時30分
※事前申込不要・参加無料(要観覧券)


3 体験ワークショップ―石から絵の具をつくろう  [要事前申込]

岩絵具とは、主に日本・東洋画で使われる天然の石などを原料とした絵具のことです。この講座では、実際に石から絵の具を作り、岩絵の具の感触を楽しみながら水彩画を体験していただきます。絵が苦手な方でも大丈夫。お気軽に御参加ください。
日時:平成30年11月11日(日曜)午後1時30分から午後3時30分
対象:中学生以上
定員:15名(申込み多数の場合抽選)
参加費:1,000円(観覧券不要)※展示をご覧になる方は要観覧券
講師:林武史(東京藝術大学美術学部彫刻科教授)

申込方法:お名前・年齢(学年)・電話番号・返信先(メールアドレス・FAX番号・住所のいずれか)を明記のうえ、下記までお申込みください。
メールアドレス:s030999@koganei-shi.jp
FAX:042-381-5281
郵便(往復はがき):〒184-0012 小金井市中町1丁目11番3号 小金井市立はけの森美術館
申込締切(必着):平成30年11月7日(水曜)
※1通につき1名のお申込とさせていただきます。
※個人情報はイベント参加の連絡以外の目的には使用いたしません。
※メールで申込みされる方は、当館からのメール(koganei-shi.jp)が受信できるように設定をお願いします。設定できていない場合、メールが届かないことがございます。


4 親子向けイベント「模写ってあそぼう!」 [事前申込不要]

展示作品を鑑賞してから、好きな絵本の好きな絵を模写して楽しく遊びます。

日時:平成30年11月17日(土曜)午後1時30分から午後4時
対象:5歳以上
定員:20名(当日先着順)
参加費:無料(要観覧券)
協力:こごうちぶんこ ことりのへや

来館者感謝企画もいろいろあります。

はけの森美術館×Musashinoはけの森カフェ連携企画
 はけの森美術館と附属喫茶棟Musashinoはけの森カフェでは、双方を利用してくださった方への感謝サービスを実施します。
美術館のチケット半券をカフェにお持ちいただくと→本展にちなんだ期間限定特別スイーツが50円引き!
カフェ利用のレシートを美術館にお持ちいただくと→オリジナルポストカードをプレゼント!
それぞれ1枚の半券・レシートにつき1回のご利用となります。カフェはレジにて美術館は受付にてご提示ください。


秋の美術館で、皆様をお待ちしております。!

主催:小金井市立はけの森美術館
後援:台東区

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

コミュニティ文化課はけの森美術館
電話:042-384-9800
FAX:
メールアドレス:s030999@koganei-shi.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

はけの森美術館

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る