このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

風しんの流行にご注意ください!

更新日:2018年11月9日

東京都内では、平成30年7月から風しんが流行しています。
特に20歳代から50歳代で、予防接種歴が無いまたは不明の男性が多くを占めています。

風しんは、ウイルス感染後2週間から3週間の潜伏期間の後に発症し、発疹、発熱、リンパ節の腫れ等の症状がみられます。
自覚症状の出ない潜伏期間の間にも、ウイルスを排出するため、気付かないうちに自分が感染源となってしまうおそれもあります。
風しんは、インフルエンザよりも感染力が強いため、心配な症状がある時は、必ず医療機関に事前連絡のうえ、マスクを着用し、できるだけ早く受診してください。

妊娠初期に感染すると胎児感染をおこし、赤ちゃんが白内障や難聴、先天性心疾患を特徴とする先天性風しん症候群を発症する可能性があります。
妊娠中で風しんの抗体が十分でない方は、できるだけ人混みを避けてください。
 

風しん抗体検査・予防接種

東京都感染症情報センター

お問合わせ

健康課健康係
電話:042-321-1240
FAX:042-321-6423
メールアドレス:s050499@koganei-shi.jp

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る