このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 手当・補助・奨学金
  4. 令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(10万円・現金一括)制度概要・申請要否・支給状況等

本文ここから

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(10万円・現金一括)制度概要・申請要否・支給状況等

更新日:2022年1月20日

子育て世帯に対する新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、臨時・特別の措置として、令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(以下「給付金」という。)を支給します。

給付金を受けるには、父母それぞれの所得がいずれも児童手当の所得制限限度額未満の場合に限ります。
「それぞれ」ですので、父母の所得は合算しません。


ページ下部に、次の2項目を追加しました。(令和4年1月20日付け)

定義

児童手当受給者

児童手当法第5条第1項の規定による児童手当の所得制限限度額を超えない方のことをいいます。
児童手当受給者は、児童手当(中学生以下1人につき月額10,000円又は15,000円)の支給を受けています。
このページでは、読み易さの観点から、「令和3年9月分児童手当受給者」を単に「児童手当受給者」としています(新生児に係る児童手当受給者を除く)。

特例給付

父母いずれかの所得が児童手当の所得制限限度額以上の場合に、児童手当の代わりとして、児童手当法附則第2条第1項の規定に基づき受給する手当のことをいいます。中学生以下1人につき月額5千円です。
特例給付に該当すると、給付金の対象にはなりません。

対象児童

児童手当支給対象児童

令和3年9月分児童手当(特例給付を除く)の支給対象児童のことをいいます。

高校生相当児童

平成15年4月2日から平成18年4月1日までの間に生まれた児童のうち、父母それぞれの所得がいずれも児童手当の所得制限限度額未満である方をいいます。
なお、高校等への在籍、就職又はアルバイト収入の有無等の状況は、不問です。
里親委託又は障害児施設等入所児童は対象ですが、結婚している場合は対象外です。

新生児

令和3年9月1日から令和4年3月31日までの間に生まれた児童のことをいいます。

支給額等

対象児童1人につき100,000円を現金一括で支給

申請等

重要!申請が必要な方へ

詳細は以下に記載していますが、その中でも重要なことをお伝えします。

次の1・2に該当する方は、待っていても申請書が届くことはありません。
御自身で積極的に申請しなければ、給付金を受け取ることはできません。
ですので、まずは、御自身や配偶者が児童手当の所得制限限度額未満であることを確認してください(公務員は、職場から児童手当を支給されているか)。そして、その場合は、申請書を入手し、申請してください。
1 児童手当(特例給付は対象外)を職場から受給している公務員
2 中学生以下の弟妹のいない高校生を養育している公務員及び公務員でない方

対象者であっても、申請が必要な場合と申請が不要な場合があります。
申請が不要な場合は、市への連絡も含めて、行っていただくことは何もありません。

早見表
中学生以下の児童 公務員か否か 支給対象者 申請 支給予定日 振込先
いる 公務員でない方

・児童手当受給者(児童手当支給対象児童の兄姉が高校生相当児童である場合は兄姉分を含む)
・新生児に係る児童手当受給者

不要(注記1)

令和3年12月27日(月曜)(注記2・注記3)

児童手当の口座
いる 公務員

・児童手当受給者(児童手当支給対象児童の兄姉が高校生相当児童である場合は兄姉分を含む)
・新生児に係る児童手当受給者

必要。令和4年2月28日(月曜)までに、申請書類を子育て支援課に郵送又は持参(注記4・注記5)

申請書が市に届いた月の翌月下旬 申請書記載口座
いない すべての方 高校生相当児童を養育する主たる生計維持者(父母それぞれの所得がいずれも児童手当の所得制限限度額未満の場合に限る) 必要。令和4年2月28日(月曜)までに、申請書類を子育て支援課に郵送又は持参(注記4・注記5) 申請書が市に届いた月の翌月下旬 申請書記載口座

注記1:市への連絡も含めて、行っていただくことは何もありません。ただし、受給を辞退する場合は、「受給拒否の届出書」(詳細下記)の提出が必要です。
注記2:従来は、令和3年12月23日(木曜)頃としていましたが、国における支給方針の変更(令和3年12月中旬)を受けて、令和3年12月27日(月曜)に変更させていただきました。また、対象児童1人当たりの支給額も、先行給付分としていた50,000円のみではなく、残りの50,000円を合わせた100,000円とさせていただきました。該当の方には、そのことをお知らせする文書「給付金に関し、令和3年12月8日付けで送付した文書の訂正について」を令和3年12月21日(火曜)に発送しました。
注記3:新生児は、同日以降、順次支給します。
注記4:令和4年2月1日以降に生まれた方の申請期限は、令和4年2月28日(月曜)より後の日になりますが、具体的には、国の方針等が明らかになった段階で、直ちにこのページを更新することで、お知らせします。
注記5:子育て支援課に持参する方は、本人に限りません。同一世帯員であれば、配偶者等でも構いません。
注記6:市は、電子メールに添付された申請書やファクシミリで送信された申請書を受け取ることはできません。

児童手当の所得制限限度額
扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 6,220,000円 8,333,000円
1人 6,600,000円 8,756,000円
2人 6,980,000円 9,178,000円
3人 7,360,000円 9,600,000円
4人 7,740,000円 10,021,000円
5人 8,120,000円 10,421,000円
6人以上 1人増すごとに38万円を加算  

  • 扶養親族等の数は、同一生計配偶者(前年の収入金額103万円以下の方)及び16歳未満の方を含む扶養親族の合計人数です。
  • 限度額以上の方は、特例給付に相当し、給付金の対象外です。

申請に必要な書類

申請に必要な書類
必要書類 備考

公務員か否かに関わらず中学生以下の児童がいない方

中学生以下の児童がいる公務員(新生児を除く申請分) 公務員(新生児に係る申請分)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請書(PDF:172KB) 配布場所で入手又はこのページでダウンロード 必要 必要 必要
通帳又はキャッシュカード(写し) ゆうちょ銀行の場合は通帳見開き下部 必要 必要 必要
令和3年9月分の児童手当(特例給付を除く)の受給状況を証する書類 aからdまでのいずれか1つ(注記2) 必要 (個別にお知らせ)
a 受給者証明書(原本) 勤務先の所属庁が発行(注記3) (aからdのうち1つ) (個別にお知らせ)
b 認定通知書(写し) 勤務先の所属庁が発行(注記3) (aからdのうち1つ) (個別にお知らせ)
c 継続認定通知書(写し) 勤務先の所属庁が発行(注記3) (aからdのうち1つ) (個別にお知らせ)
d 支払通知書(写し) 勤務先の所属庁が発行(注記3) (aからdのうち1つ) (個別にお知らせ)

  • 本表は、大多数の方に対応していますが、すべての方の御属性を網羅したものではありません。
  • 例えば、中学生以下の弟妹がいない高校生相当児童の父母が令和3年1月1日時点で小金井市に住民票がなかった場合は当該父母の令和3年度課税証明書(写し)が、中学生以下の弟妹がいない高校生相当児童の父母が令和3年1月1時点で日本に住民票を置いていなかった場合は当該父母の出国時点及び帰国時点におけるパスポート(写し)が必要になります。そのほか、児童と別居している場合、配偶者からの暴力を避けるために住民票と異なる場所に居住している場合その他父母と児童との関係性によっては、他の書類の提出をお願いすることがあります。
  • このページにおける以前の案内では、令和3年1月1日時点で本市に住民票がなかった方のうち一部の方について、申請者と配偶者の令和3年度課税証明書の写しの御提出をお願いしていました。そうした中で、国は、令和4年1月4日以降は、所得等を自治体間のマイナンバー制度に基づく情報連携により確認することを可とする決定を行い、それを受けた本市といたしましても、当該可能日(令和4年1月4日)以降の申請分については、該当者に係る令和3年度課税証明書の御提出を不要とさせていただきました。

注記1:令和3年1月1日に住民票を置いていた自治体で入手できます。

注記2:給与明細書の写しは対象外です(給与明細書に児童手当の額が記載されていたり、新規認定請求や現況届に係る審査結果が示されていた場合でも対象外)

注記3:お手数ですが、入手方法は、勤務先(職員に児童手当を支給する部署)でお尋ねください。なお、本件給付金事業に関し、児童手当受給状況を証する書類の職員への交付等について、内閣府は、官公署の所属庁に対する協力依頼文書を発出しています。それでもなお、これらの書類の入手に関して疑問やお困りがある場合は、市役所子育て支援課(電話042-387-9839)にお電話ください。

申請書

入手方法

次表に記載の配布場所で入手するか、ここからダウンロード(ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請書(PDF:172KB))してください。
ダウンロードの場合は、紙への印刷(白黒可)が必要です。

配布場所
区分 場所 申請書の配布 問合せ・申請の受付
市役所 子育て支援課手当助成係(市役所第二庁舎3階) あり あり
保健センター 子ども家庭支援センター(保健センター1階) あり なし
図書館 本館 あり なし
公民館 本館、東分館、緑分館、貫井北分館、貫井南分館 あり なし
集会施設 東小金井駅開設記念会館(マロンホール)、婦人会館、上之原会館、前原町西之台会館、桜町上水会館 あり なし
芸術文化施設 小金井 宮地楽器ホール あり なし

  • 子育て支援課手当助成係以外では、問合せや申請をお受けできません。記入済み申請書類のお預かりもできません。
  • 各施設の場所や開館時間は、市ホームページの新規ウインドウで開きます。施設案内で御確認ください。集会施設や小金井 宮地楽器ホールでは、土曜・日曜(平日の一部や年末年始は休み)も含め、夜10時まで開館しています。

申請書のダウンロード

印刷してください。白黒印刷で構いません。

  • 給付金の申請書類を子育て支援課に郵送するための専用封筒です。
  • 印刷し、折り曲げたり糊を付けるなどして、御使用ください。
  • 切手をお貼りください(25グラム以内84円。50グラム以内94円)。
  • お手持ちの封筒をお使いいただくこともできます。その際は、次の宛名を書いてください。

申請書郵送先
〒184-0013 小金井市前原町3丁目41番15号 小金井市子ども家庭部子育て支援課手当助成係

支給状況(随時更新予定)

支給した日
申請要否 区分 支給した日
申請不要な方
  • 児童手当受給者(児童手当支給対象児童の兄姉が高校生相当児童である場合は兄姉分を含む)のうち、市による支給の申込みを令和3年12月に受けた方
  • 新生児に係る児童手当受給者のうち、市による支給の申込みを令和3年12月に受けた方
令和3年12月27日(月曜)
申請不要な方
  • 児童手当受給者(児童手当支給対象児童の兄姉が高校生相当児童である場合は兄姉分を含む)のうち、市による支給の申込みを令和4年1月に受けた方
  • 新生児に係る児童手当受給者のうち、市による支給の申込みを令和4年1月に受けた方
 
申請不要な方
  • 児童手当受給者(児童手当支給対象児童の兄姉が高校生相当児童である場合は兄姉分を含む)のうち、市による支給の申込みを令和4年2月に受けた方
  • 新生児に係る児童手当受給者のうち、市による支給の申込みを令和4年2月に受けた方
 
申請必要な方
  • 申請書が令和3年12月に市に届いた方
 
申請必要な方
  • 申請書が令和4年1月に市に届いた方
 
申請必要な方
  • 申請書が令和4年2月に市に届いた方
 

  • 「申請書が市に届いた」とは、必要な添付書類も含めて、不備なく申請書が市に届いたことをいいます。
  • 上表は、国の方針等が明らかとなった段階で、行の追加等を行います。
  • いずれも銀行振込。支給した日以降に、通帳記帳等で御確認ください。振込依頼人名:「コガネイシコソダテセタイリンジトクベツキュウフキン」

所得の修正申告等

  • 給付金を受給した方又は配偶者が令和3年度市区町村民税の修正申告等に伴って児童手当の所得制限限度額を超過した場合は、支給済みの給付金を返還していただきます。一方で、同限度額を超過していた方が令和3年度市区町村民税の修正申告等に伴って同限度額を下回った場合は、その他の条件に合致すれば、給付金の対象になります。
  • 修正申告等は、税務署又は令和3年1月1日時点で住民票を置いていた市区町村の課税担当部署でお尋ねください。

離婚、離婚協議又はDV等に伴い、(元)配偶者と別居しつつ、対象児童を現に監護養育している方へ(小金井市独自)

国基準(原則)

給付金は、中学生以下は令和3年9月分の児童手当受給者に、高校生相当の方は令和3年9月30日時点の主たる生計維持者に対して、支給されます。このことは、離婚等により基準日の前後で養育者が異なる場合でも適用(注記1)となることから、給付金受給者は、こうした事情や給付金の性格を踏まえ、給付金が児童にとって望ましい形で御活用されますように、対象児童を現に監護養育している方とよくお話し合いいただきますよう、お願いいたします。
注記1:令和3年9月X日に離婚が成立し、同日に別居となった場合で、令和3年9月分と令和3年10月分の児童手当受給者が異なるときは、給付金受給者は、令和3年9月分の児童手当受給者となります。また、児童は、給付金振込時点(令和3年12月27日)では、令和3年10月分の児童手当受給者と同居していることが想定されます。

市基準(小金井市独自)

令和3年12月27日時点で対象児童を現に監護養育している方のうち以下の全ての要件に合致する方は、国基準に関わらず、給付金を受給できます。申請は必要です。

  1. 令和3年12月27日以前に、配偶者又は元配偶者(以下「配偶者等」という。)の暴力から避難し、又は配偶者等と離婚(離婚協議中を含む。)した方
  2. 1の状態になって以降令和3年12月27日まで継続して、小金井市内で、支給対象児童とともに、配偶者等と別居(別の住宅に居住)している方
  3. 令和2年12月31日時点の税法上の扶養人数に応じて、令和2年中の本人の所得が児童手当の所得制限額未満であること(特例給付の対象者でないこと。なお、配偶者等の所得は不問です。)。
  4. 給付金の受給者でない方(配偶者等との関係により給付金を受け取れない方を含む。)

申請

令和4年2月28日までに、次の必要書類を子育て支援課に郵送又は持参して提出してください。
1 申請書
2 通帳又はキャッシュカードのコピー
3 (配偶者暴力の場合)婦人相談所発行の相談証明、住民基本台帳閲覧制限に係る支援措置証明など配偶者暴力の事実が分かる書類
4 (離婚の場合)離婚事実が分かる戸籍謄本
5 (離婚協議中の場合)離婚協議申入れ内容証明郵便謄本、家庭裁判所発行の調停期日呼出状、調停不成立証明書など離婚協議中の事実が客観的に分かる書類
(注記)3・4・5の書類は、児童手当等の手続の際に、子育て支援課に提出済みの場合は、省略できます。

その他

受給拒否の届出書

  • 申請が不要の方のうち、この給付金の受給を辞退する方のみ御提出ください。提出期限がありますので、まずは取り急ぎ、子育て支援課にお電話ください。
  • 申請が必要な方のうち、この給付金を申請する予定のない方は、提出する必要はありません。

所得税法や生活保護との関係

  • 給付金は、所得税法における非課税所得に該当するため、課税の対象にはなりません。
  • 給付金を生活保護の被保護者が受給した場合でも、その額は、収入として認定されません。

制度案内リーフレット

市役所等で配布しているリーフレットをダウンロードできます。

振り込め詐欺等に御注意を

振り込め詐欺や個人情報の詐取に注意ください。市の職員がATM(銀行・コンビニなどの現金自動預け払い機)の操作をお願いすることや、手数料の振込みをお願いすること、暗証番号を聞き取ることは絶対にありません。

給付金専用コールセンター(内閣府設置)

給付金に関するお問い合わせは、内閣府が臨時に設置している専用コールセンターでも承ります。
電話:0120-526-145(フリーコール)
午前9時から午後8時まで(令和3年12月29日から令和4年1月3日を除く全日)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

子育て支援課手当助成係
電話:042-387-9839
FAX:042-386-2609(複数の課で共用しているため、子育て支援課宛とご記入ください。)
メールアドレス:s050599(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る