このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

認可保育施設入所申請に関連してよくある質問

更新日:2020年9月1日

入所案内掲載の「よくある質問」は、下記をご確認ください。

申請書類に関して

質問

(問1)教育・保育給付認定申請書兼保育施設等利用申請書について、両面印刷ができない場合は、片面印刷での提出でも可能ですか。

回答

(答1)可能です。

質問

(問2)返信用封筒の住所、氏名は申請者と同一でなければいけませんか?

回答

(答2)別々で問題ありません。

質問

(問3)自営業の就労内容を証明できる書類の写しは、何を提出すればよいですか?

回答

(答3)入所案内6ページに例を記載している、登記簿謄本の写し等をご提出ください。例示している書類の提出ができない場合は、客観的に見て、就労内容証明できるものを提出ください。提出後、内容確認の上、追加で依頼することがあります。

質問

(問4)保育園入園後に雇用形態が変わります。提出書類はどうなりますか?

回答

(答4)就労証明書に記載された実績により指数を計算します。保育園入園後に雇用形態が変わり労働時間が長くなる方等については、就労内定証明書が提出されるのであれば、就労内定として指数を計算しますが、その場合は、「育休・産休」項目の加点は該当しません。

質問

(問5)発行日が記入されていない申請書類が手元にあります。発行日の記載は必ず必要ですか?

回答

(答5)必要です。就労先等に、記入いただくようご依頼ください。

質問

(問6)保育受託証明書について、提出が省略できる、市で在籍及び契約内容が確認できる施設、とは具体的にはどういった施設ですか?

回答

(答6)市内の認証保育所、保育室、家庭福祉員及びけやきの森認定こども園の幼稚園部分です。

質問

(問7)定期利用(一時)保育申告書について、コロナウイルス感染症拡大により、予約していたが利用できなかった場合の予約を証明する書類は必要ですか?

回答

(答7)必要ありません。書類を提出いただいた後に、市保育課から該当園に確認をいたします。

質問

(問8)(事業者向け)新型コロナウイルス感染症拡大に伴う休業要請に従い、休業しました。その間の従業員の就労の実績は就労証明書にどのように記載しますか?

回答

(答8)休業された期間は「その他休職・休業期間」欄に記入いただき、休業期間が含まれる月については、「直近1年の就労実績」からは除いてご記入ください。

質問

(問9)(事業者向け)就労証明書の事業所印は電子印でもよいですか。

回答

(答9)電子印で構いません。押印が何もない証明書ではお受けできません。外国企業の場合はサインも認めます。

質問

(問10)(事業者向け)従業員が裁量労働制のため、就労証明書の総労働時間が記載できません。各月の総労働時間欄を空白で作成してもよいですか。

回答

(答10)入所の指数に関わるため、総労働時間の記載は必要です。残業時間が不明等で記載できないということであれば、会社が把握されている時間を記載してください。

利用調整基準に関して

質問

(問11)きょうだいが別々の施設の利用を同時に申請した場合は、加点がつきますか?

回答

(答11)令和3年度申請では、「同時申請」項目の調整1の加点がつきます。令和2年度申請では、きょうだいで同施設を希望された場合にのみ、優先項目1が該当します。

質問

(問12)きょうだいが在籍している施設を希望する場合、加点はありますか?

回答

(答12)特定の施設に対する加点はありません。ただし、令和3年度申請では、同一世帯内で未就学児のうち第2子以降の場合、「多子支援」項目の調整1の加点がつきます。令和2年度申請では、きょうだいのいる施設を希望された場合、該当施設についてのみ優先項目1が該当します。

質問

(問13)コロナウィルスの影響で直近の就労実績が少なくなりました。配慮していただけませんか。

回答

(答13)コロナウィルスの影響を鑑みて、就労証明書に記載する就労実績を、12か月分に増やすことにいたしました。12か月のうち、実績の多い3か月の平均により審査します。

質問

(問14)内定前に申請を取り下げた場合も同年度内の申請にはマイナス10点が適用になりますか?

回答

(答14)内定前であれば、マイナス10点の適用はありません。

施設の利用に関して

質問

(問15)4月の入園が決まりましたが、申請児の次の子を妊娠しました。入園が決まっていた申請児は、このまま入園できますか?

回答

(答15)4月1日時点で次の子の育児休業が開始している場合は、4月中に次の子の育児休業を終了する必要があります。これは、次の子の入園の有無を問いません。
ただし、4月1日時点で産前産後休業中の場合は、在園中の妊娠と同じ扱いとなり、入所案内記載の「よくある質問」の14のとおりとなります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

保育課保育係
電話:042-387-9846
FAX:042-386-2609(複数の課で共用しているため、保育課宛とご記入ください。)
メールアドレス:s050799(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る