このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 施設
  4. 学童・児童館
  5. 児童館
  6. 小金井市 子どもの権利に関する条例 制定10周年記念事業  じどうかんフェスティバル2019終了のお知らせ

本文ここから

小金井市 子どもの権利に関する条例 制定10周年記念事業  じどうかんフェスティバル2019終了のお知らせ

更新日:2019年12月26日

じどフェスロゴ

四館合同行事「じどうかんフェスティバル2019」を実施しました

じどうかんフェスティバルについて

 小金井市には子どもの権利に関する条例があります。この条例の中には、子どもたちが自分の意見や考えを表明することが権利であること、それを実現させるべき施設の義務なども書かれています。児童館はこうした子どもの権利を活かすための施設です。
 条例の条文を活かし、毎年実施しているのが、「じどうかんフェスティバル」です。今年度で7度目の開催となりますが、毎年様々なテーマを掲げてきました。
 今年は「小金井市子どもの権利に関する条例」が制定10周年を迎えることとなり、いつも以上に「子どもの権利」を強調した内容のイベントとなりました。

子どもたちの主張説明文

権利の木説明文

 子どもたちが胸に秘めているあんなことやこんなことを主張する場「子どもたちの主張」
 子どもたちが普段からどんな権利が欲しいと考えているのか書いてもらった「権利の木」
 今年度は「小金井市 子どもの権利に関する条例」に絡み、今までとは違ったイベントを行いました。
 「子どもたちの主張」では、自分の今の想いを来場している大人たちや世間の大人たちに向けて一生懸命伝えていました。どの主張も子どもたちの本音が出ていて、聞いている大人たちは言葉を聞き漏らすまいと耳を傾けていました。
 「権利の木」では、子どもたちが普段の生活を通して、こんな権利が自分にもあったら。と考えているのか花びらに書いてもらい張り付けてもらいました。最初は一枚も花びらのなかった木ですが、最終的には満開となることができました。そして花びらに書いてあるそのどれもが、子どもたちが当たり前に持っている権利であること、権利の主張は他者のことを思いやることが大切であること、を閉会式内で説明しました。

じどうかんフェスティバルイメージキャラクター「牛児郎」より

 皆さん、初めまして!僕牛児郎!ここからは僕が説明していくウシよ!
 今年で7回目の開催となった「じどうかんフェスティバル」。今年は「小金井市 子どもの権利に関する条例」ができて10周年というめでたい年だったんだギュゥ。そのお祝いとして行われたこのイベントのためにみんな一生懸命準備してきたんだウシよ。詳しくは下の表を見てみてほしいギュゥ!
 さて、そんなイベントの様子を僕と一緒に振り返っていこう!

フローチャート

じどうかんフェスティバル2019当日の様子について

児童館ブース部門について

 当日午前11時から始まった「じどうかんフェスティバル2019」。開始早々からお客さんがたくさんだったんだ。
 まずは児童館ごとに特色を出し合った児童館ブースの開店。
 大きな迷路や輪投げ、UFOキャッチャーや腕相撲屋さん、髪結い屋さんなどの模擬店や、児童館で子どもたちが作った作品を飾った展示ブースなど、個性豊かなお店が並びそのどれにも行列ができるほどの人気だったんだ。
 第2部でもお客さんが途切れることはなく、どこの児童館ブースも大盛況で終了することができたウシ。

児童館ステージ部門について

 大迫力のバンド演奏から始まったステージ部門。ダンス、漫才、バンド演奏等、バラエティーに富んだ11組が出演したんだギュウ。
 司会はこのイベントで毎回舞台に立つことを楽しみにしている小学生が務め、各団体の紹介や場をつなぐためのトークで会場を盛り上げてくれてたよ。
 ステージ発表は、どのチームも一生懸命さが伝わるパフォーマンスで観客を沸かせてくれたんだギュゥ。応援にも熱が入っていて大盛り上がりだったウシね。

市民ギャラリーやフェスティバルコートの様子は・・・

 今年度のじどうかんフェスティバルは、放課後子ども教室実行委員会、いかそう!子どもの権利条例の会、KOKOぷらねっと、小金井子育て・子育ち支援ネットワーク協議会、発達にアンバランスのある子どもの親の会ひまわりママの皆さんがこのイベントの趣旨に賛同し、一緒にじどうかんフェスティバルを盛り上げてくれたウシよ。
 協力団体の皆さんには地下の市民ギャラリーで各団体の紹介や子どもの権利に関する展示、絵本の読み聞かせ等を行ってもらったんだ。
 フェスティバルコート、小金井 宮地楽器ホール内のスペースN区画ではこがねい子ども遊パークの皆さんが昔遊びや積み木の体験コーナーを実施していたんだギュゥ。

終わりに・・・

 今年度は「小金井市子どもの権利に関する条例」が制定10周年ということで盛大にお祝いしました。
 子どもたちは生まれながらに様々な権利を持ち、そのどれもが守られねばなりません。
 今後も児童館は「子どもの権利」を大切にしていきたいと思います。
 今回参加してくれた子どもたち、見に来てくれた皆さん、ありがとうございましたギュ!

講演会もイベント終了後に開催しました。

 「じどうかんフェスティバル」が終了後、午後6時より同会場にてNPO法人 日本子どもソーシャルワーク協会理事長 寺出 壽美子さんによる「子どもの権利と子どもの育ち」について講演会を行いました。講演内容は実際に起きたケース紹介、先生による考察、今現在社会において子どもの立ち位置等について講演していただきました。
 たくさんの方々にご来場いただき、ありがとうございました。

問い合わせ先

 本町児童館 電話・FAX:042-383-1176
 東児童館 電話・FAX:042-383-1177
 貫井南児童館 電話:042-383-9777 FAX:042-387-1228
 緑児童館 電話・FAX:042-383-6910

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る