このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

難再生古紙の拠点回収を実施しています

更新日:2018年12月21日

 これまで、リサイクルが困難なために燃やすごみとして収集し、焼却処理をしていた紙コップや紙皿など防水加工された紙や感熱紙などの「難再生古紙」の拠点回収を市内13か所で実施しています。回収した「難再生古紙」は資源化されますので、燃やすごみの減量・資源の有効利用につながります。ぜひ、ご利用ください。

難再生古紙とは

 防水加工された紙や感熱紙など、これまでリサイクルが困難なために燃やすごみとして排出していた古紙類を「難再生古紙」といいます。

投入できるもの(タイトル)

投入できるもの(例)、防水加工された紙、アルミ付き紙パック

感熱紙、写真、紙製卵ケース、紙製緩衝材、カーボン紙、ノーカーボン紙

投入できないもの(タイトル)

投入できないもの(例)、汚れの落ちない紙、洗剤やせっけんの空き箱などにおいのついている紙、アイロンプリント紙、紙製ガムテープなどの特殊な紙、これまでどおり、燃やすごみとしてお出しください。

投入の際の注意

  • 「難再生古紙」専用の拠点回収ボックスになりますので、ざつがみ、雑誌・本、新聞、段ボール、紙パック(内側が白いもの)、シュレッダー紙など通常の古紙はボックスには投入しないでください。
  • 個人情報が記載されたものは、その部分を切り取ったり、黒く塗りつぶしたりするなどの対策を行ってから投入してください。

難再生古紙リサイクルの流れ

 拠点回収にて回収された「難再生古紙」は、難再生古紙を資源化処理できる施設にて、トイレットペーパーなどにリサイクルされます。

処理の流れ

難再生古紙拠点回収場所一覧
施設名 開館時間
(1)婦人会館
小金井市梶野町5丁目10番32号
午前9時から午後10時
(休館日:毎月第2・第4月曜日(休館日が祝日にあたるときは、翌日の火曜日へ振替)、年末年始
(2)前原町西之台会館
小金井市前原町3丁目8番1号
午前9時から午後10時
(休館日:毎月第2・第4水曜日(休館日が祝日にあたるときは、翌日の木曜日へ振替)、年末年始
(3)桜町上水会館
小金井市桜町2丁目8番13号
(4)栗山公園健康運動センター
小金井市中町2丁目21番1号
午前9時から午後9時
(休館日:毎月第2月曜日(休館日が祝日にあたるときは、翌日の火曜日へ振替)、年末年始
(5)公民館貫井北分館
(貫井北センター)
小金井市貫井北町1丁目11番12号
午前9時から午後10時
(休館日:毎月第1・第3火曜日、年末年始)
(6)公民館緑分館(緑センター)
小金井市緑町3丁目3番23号
(7)公民館本館
小金井市本町2丁目15番11号
(8)公民館東分館(東センター)
小金井市東町1丁目39番1号
(9)公民館貫井南分館(貫井南センター)
小金井市貫井南町4丁目3番23号
(10)市役所本庁舎
小金井市本町6丁目6番3号
午前8時30分から午後5時
(休館日:毎週土曜日・日曜日・祝日、年末年始)
(11)市役所第二庁舎
小金井市前原町3丁目41番15号
(12)保健センター
小金井市貫井北町5丁目18番18号

注記:各施設の館内に拠点回収ボックスがあるので、開館時間内に利用してください。

回収ボックス
難再生古紙拠点回収ボックス

お問合わせ

ごみ対策課清掃係
電話:042-387-9835
FAX:042-383-6577
メールアドレス:s040299(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ごみの減量・資源化推進への取組

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る