このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

12月10日から16日までは北朝鮮人権侵害問題啓発週間です

更新日:2018年12月7日

 北朝鮮当局による拉致は、わが国の主権に対する侵害であり、重大な人権問題です。 
 政府が認定した拉致被害者のほかにも、特定失踪者など、拉致の可能性を排除できない方々が多数存在します。
 この中には、都内に住んでいた方や、都内で失踪した方も数多く含まれており、50人以上の消息がいまだにつかめていません。
 東京都等は、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」に合わせ、写真パネル展等を開催します。
 すべての拉致被害者の早期帰国が実現するよう、一人ひとりの声によって、拉致問題解決を後押ししていきましょう。

拉致被害者救出運動 写真パネル展

日時及び会場

1 平成30年12月10日(月曜)から平成30年12月14日(金曜)
  午前9時30分から午後5時30分(最終日は午後5時まで)
  会場:東京都庁都議会議事堂1階都政ギャラリー

2 平成30年12月16日(日曜)から平成30年12月27日(木曜)  
  注記:12月21日(金曜)は休館日です。
  平日:午前10時から午後8時
  土日祝日:午前10時から午後4時30分 
  会場:東京都立中央図書館4階企画展示室

内容

拉致被害者及び東京都関連特定失踪者等の写真パネルの展示

主催

東京都、北朝鮮による日本人拉致問題の完全解決を図る東京都議会議員連盟、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会、特定失踪者問題調査会

「東京へ、帰せ!」ポスターの掲出

内容

東京都関連の拉致被害者等50人が掲載された「東京へ帰せ!」の広告を実施する。

期間

1 都営バス車内広告
  平成30年12月6日(木曜)から平成30年12月21日(金曜)
2 都営地下鉄車内広告
  平成30年12月3日(月曜)から1か月間

都庁ブルーリボンライトアップ及びブルーリボン旗掲出

都庁第一本庁舎を「ブルーリボン」にちなんだ青にライトアップするとともに、ブルーリボン旗を掲出する。

ブルーリボン運動について

ブルーリボン運動は、北朝鮮による拉致被害者の生存と救出を信じる意思表示として、青いリボンを着ける運動です。
リボンのブルーは、近くて遠い国である北朝鮮と祖国日本を隔てる「日本海の青」及び拉致被害者の方々とその家族を唯一結んでいる同じ空である「青い空」を、イメージしています。

期間

平成30年12月10日(月曜)から平成30年12月27日(木曜)

場所

東京都庁第一本庁舎、都庁前中央通り

問合せ先

総務局人権部人権施策推進課
電話:03-5388-2588

お問合わせ

企画財政部広報秘書課広聴係
電話042-387-9818

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る