このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 広報・広聴
  4. プレスリリース
  5. 平成30年
  6. 旧中村研一邸主屋及び茶室(花侵庵)が市内初の国の登録有形文化財に登録されます(平成30年11月16日報道発表)

本文ここから

旧中村研一邸主屋及び茶室(花侵庵)が市内初の国の登録有形文化財に登録されます(平成30年11月16日報道発表)

更新日:2018年11月16日

 小金井市中町一丁目11番に所在する旧中村研一邸主屋及び茶室(花侵庵)の合計2件の建造物が、平成30年11月16日開催の国の文化審議会文化財分科会の審議・議決を経て、国登録有形文化財に登録するよう文部科学大臣に答申されました。今回答申を受けたことで、官報による告示を経て小金井市では初めての登録有形文化財(建造物)となります。

登録内容
名称 建設年代等 登録基準 管理者
旧中村研一邸主屋  1棟 昭和34年建設/平成元年・同18年改修 造形の規範となるもの 小金井市
旧中村研一邸茶室(花侵庵) 1棟 昭和35年建設/平成元年改修

※国登録は答申後の官報告示(見通し時期:平成31年3月ごろ)を経て正式決定となります。
※主屋は、小金井市立はけの森美術館附属喫茶棟(Musashinoはけの森カフェ)として活用しております(定休日:月曜、年末年始。臨時休業あり)。茶室(花侵庵)は施設の老朽化のため、外観のみの公開となっています。敷地である美術の森緑地の閉園日(月曜・年末年始)以外は原則自由に散策可能です。
※主屋は今後も美術館附属喫茶棟として活用していき、茶室については修復含め活用方法について検討していきます。

建造物の特徴等

 国分寺崖線の南斜面にある洋画家・中村研一の旧宅です。建築家佐藤秀三の設計で、切妻造り二階建ての主屋は伝統木造を基調に、客間兼居間と食堂を一空間で設けるなど現代的な空間構成を取り入れています。主屋西側の茶室花侵庵は旧主屋の古材を用い、素材の選択と構成に手腕をみせる佐藤の代表作の一つです。

問合せ先

小金井市教育委員会生涯学習課文化財係
電話:042-387-9879
FAX:042-383-1133

お問合わせ

広報秘書課広報係
電話:042-387-9803
FAX:042-387-1224
メールアドレス:s010399(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成30年

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る