このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 市長の部屋
  4. 市長コラム「こがねい未来通信」

本文ここから

市長コラム「こがねい未来通信」

更新日:2020年12月15日

                          小金井市長

 早いもので師走となり、間もなく年末年始を迎えます。
 武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発事業が本年5月に竣工し、新たに誕生した交流とにぎわいの空間「武蔵小金井シティクロス」には、6月に大規模商業施設SOCOLA武蔵小金井クロスがグランドオープンし、多くの市民の皆様によりにぎわいを見せています。11月1日にはウィンター・イルミネーション点灯式にお招きいただき、点灯ボタン起動の大役をおおせつかりました。点灯式では、東京合唱祭で見事に金賞を受賞された都立小金井北高校コーラス部の皆様が出演され、とても素敵な歌声のハーモニーを奏でていただきました。コーラス部の皆様に心より御礼と感謝を申し上げます。
 さて、第3波とも言われる、新型コロナウイルスの急速な感染拡大が都内のみならず全国で発生しています。私たち一人ひとりが、感染しない・感染させない生活様式、三密を避ける、マスクの着用や手洗いの徹底等、感染症対策に常に取り組むことが大切です。
 市では、新型コロナウイルス緊急対応方針第1弾から第3弾を策定し、医師会等の関係機関と連携した感染症対策、市民生活や事業者等の皆様を支えるさまざまな支援策に鋭意取り組んできました。第3弾までの予算規模は特別定額給付金を除くと約21億円となっています。11月20日には第4弾を公表し、間断なく新たな感染症対策や支援策に着手しているところです。
 現在の主な取り組みとしては、発熱検査・診療の実施、高齢者のインフルエンザ予防接種の促進、PCR検査等費用の補助、小中学校における環境整備、新型コロナウイルスワクチン接種準備、献血事業の支援、高齢者への介護支援、高齢者のICT利活用支援、小中学校におけるGIGAスクール構想の実現、学習支援および学生の雇用機会支援、プレミアム商品券の発行、応援弁当販売、アーティスト支援等となっています。
 市独自の感染症対策「発熱検査・診療」は、休日診療医療機関における発熱患者から他の患者等への新型コロナウイルスおよび季節性インフルエンザの感染リスクを低減するため、日曜・祝日、年末年始等の休日診療実施日に発熱者検査センターにて実施いたします。実施期間は12月13日から令和3年3月28日までとし、利用には医療機関からの予約が必要となります。
 収束に向けたワクチン接種へのさまざまな準備作業に取り組みつつ、厳しい困難を市民の皆様と乗り越えていけるよう、引き続き全力で取り組んでまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る