このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 市長の部屋
  4. 市長コラム「こがねい未来通信」

本文ここから

市長コラム「こがねい未来通信」

更新日:2022年9月1日

市長コラム

                          小金井市長

地球温暖化対策や緑豊かな自然環境を次世代に引き継ぐためには、私たちのライフスタイルを見直していくことが必要です。限りある資源を大切に使い、環境に負荷のない持続可能な循環型社会を形成することが求められています。市では、新たなスローガンを、循環型都市「ごみゼロタウン小金井 ごみを出さないライフスタイルへ」としました。市民の皆様には、日ごろからごみの減量施策へのご協力に感謝申し上げますとともに、限りある資源の有効活用に向けた資源化、ご家庭でできる生ごみの水切りのほか、食べ残しを減らす、余計な買い物はしないといった食品ロス削減等へのご協力をお願いします。

本年8月1日、二枚橋焼却場跡地に新たに建設した不燃・粗大ごみ積替え・保管施設「小金井市野川クリーンセンター」が本格稼働し、順調に運営しています。稼働初日には、運営事業者や現場の担当職員に市長メッセージを伝達しました。施設周辺の皆様におかれましては、本事業へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。当施設では、燃やさないごみ・粗大ごみ等の搬入・搬出を開始し、当面は1日平均55台の車両が出入りします。10月からは搬入された粗大ごみの中から再利用可能な家具等を選別・修繕し、リユース品として市民の皆様に還元する新たな事業を実施できるよう準備を進めています。

施設の特徴の1点目は、十分な環境対策です。保管および積み替え作業は、原則建屋内で行い、室内空気に含まれる粉じんおよび臭気を適切に処理しています。2点目は、3R推進のための啓発拠点の整備です。3Rに関する情報提供、環境学習等に係る研修・体験、再生品工房および再生品家具等を展示できるスペースを設けています。3点目は、災害など非常時の機能を備えている点です。災害時に発生したがれきの仮置場を敷地内に確保し、平時にはバスケットコートとして開放します。夏休み中は多くの方に利用していただきました。

二枚橋焼却場跡地は、私が小学生のころ、赤と白の煙突が立つ焼却場を見学したり、写生したり、夏休みにはプールに行ったりと、懐かしい思い出がある場所です。当施設は市民の皆様の見学もできますので、ぜひお越しください。

今後は野川クリーンセンターの安定的な運営に努めつつ、貫井北町の中間処理場に新たなプラスチックごみ・びん・ペットボトル・空き缶処理施設の建設をめざし取り組みを進めてまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る