このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 市長の部屋
  4. 市長コラム「こがねい未来通信」

本文ここから

市長コラム「こがねい未来通信」

更新日:2021年12月15日

市長コラム

                          小金井市長

 新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)および5歳から11歳の接種について、現在、市では全力で準備を進めています。多くのお問い合わせをいただいていますので、概要をお伝えします。

 

 新型コロナワクチンは、接種後の時間の経過とともに有効性等が低下することが分かっています。このため、国の指針に基づいて追加接種を行うものです。現時点での対象者は、2回目接種から原則8か月経過した18歳以上の方とされています。市では、翌月に対象となる方に順次接種券を発送し、12月4日から追加接種を開始しています。なお、国のシステムの関係で、他自治体で2回接種してから本市に転入された方等は申請が必要です。お手数をおかけしますが、市コールセンターまで郵送または窓口で申請をお願いします。

 

 一方、12月6日の所信表明演説において、岸田首相は、現在は2回目接種から8か月とされている接種間隔を「できる限り前倒しします」としました。市では、前倒しが行われた場合にも、希望する方が早期に接種を受けられるように準備を進めています。指定医療機関と集団接種会場(保健センター・旧西友小金井店)で接種できる予定です。なお、追加接種の期間は、現在、令和4年9月末までとされています。

 

 5歳から11歳の接種について、国からは2月から接種を始められる準備を進めるよう要請されています。小児用ワクチンは1本が10回分であるため、ある程度まとまった数を1日に接種する必要があり、集団接種会場で接種できるよう準備を進めております。

 

 なお、1回目および2回目接種についても集団接種会場(保健センターは1月末まで)で引き続き接種を受けられます。

 

 ワクチン接種は任意です。心配なことがあれば、東京都コールセンターのほか、接種会場でも看護師にご相談いただけます。この間、小金井市医師会、小金井市薬剤師会をはじめとする関係者の皆様のご尽力と、市民の皆様のご理解により、接種を進めることができました。2回の接種を終えられた方は対象者の84パーセントに達しています。

 

 第6波に備えつつ、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図りながら、ワクチン接種事業を市の最優先事業として取り組んでまいります。

 

 現在、新たな変異株の拡大が心配されています。東京都では基本的対策徹底期間が継続されていますので、年末年始も感染予防の取り組みをお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る