DPT-IPV(四種混合)・DT(二種混合)予防接種

更新日:2017年3月31日

 DPT-IPV(四種混合)はジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオワクチン、DT(二種混合)はジフテリア・破傷風の混合予防接種です。

 

百日せき

百日せきは、咳が長く続くことが特徴で、痙れん性の咳発作を起こすこともあり、命に関わることもあります。

ジフテリア

ジフテリアは、鼻やのどに細菌がついて高熱が出ます。体中に広がると心筋炎を合併するなどし、命に関わることもあります。

破傷風

破傷風は破傷風菌が傷口から入って始まり、病気が進むと体のしびれや、筋肉が固まるなどの症状が現れ、致死性の高い病気です。

ポリオ

ポリオは便を通じて感染し、四肢に非対称性の弛緩性麻痺を起こし、手足が動かせなくなります。小児で発症が多かったので小児麻痺とも呼ばれますが、小児に限った病気ではありません。


 ジフテリア、百日せきは空気感染し、ポリオは便を通じて感染します。
 破傷風は土の中にいる菌が傷口から入って感染します。
 いずれも感染する機会があり、予防するためにワクチン接種が必要です。

<対象者>

DPT-IPV(四種混合):3か月~7歳5か月児 
DT(二種混合):11歳~12歳児 

 ※二種混合の予診票は、小学校6年生の4月下旬に個別に発送いたします。  

<接種回数・期間>

DPT-IPV(四種混合)
 第1期初回 20日以上の間をあけて3回接種
 第1期追加 上記3回目の接種終了後6か月以上あけて1回接種

DT(二種混合)
 11~12歳児中に1回接種

お問合わせ

福祉保健部健康課

所在地:〒184-0015 小金井市貫井北町5-18-18 保健センター
電話:042-321-1240 FAX:042-321-6423
メール:s050499@koganei-shi.jp