このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

小金井市の紹介

更新日:2018年10月26日

位置・地勢

 小金井市は、東京都のほぼ中央、武蔵野台地の南西部にあり、都心から約25キロメートル西方に位置しています。
 市の東は武蔵野市、三鷹市、西は国分寺市、南は調布市、府中市、北は小平市、西東京市に接しており、市の中央部には中央線が東西に、東南部には西武多摩川線が南北に通り、中央部には小金井街道が南北に、北部には五日市街道が東西に通っています。

 ・面積  11.30平方キロメートル(東西4.1キロメートル、南北4.0キロメートル)
 ・位置  東経139度31分、北緯35度42分
 ・標高  40m(東町) 75m(貫井北町)

こんなまち・小金井

 1万年以上も前から人が住みはじめ、江戸時代、玉川上水が完成し、新田開発が活発となり、急速に集落が発達しました。戦後、住宅都市化が進み、人口が約4万人となった昭和33年10月1日、市制を施行しました。その後、人口は急増し、現在は、11万人を超える人が小金井市で暮らしています。市内に大学、研究施設が設置され、住宅都市、文教都市としての性格が強いまちです。

市章

 市章は、市制施行を記念して、一般公募により定められたもので、小金井市が桜で有名なところから、桜の花びらを配し、小金井市の「小」の文字を図案化して、本市を表象しています。

名誉市民

市の木・市の花・市の鳥・市の虫

●市民の木 モクセイ、クリ、モミジ
●市民の花 サツキ、ツツジ、キク

※昭和48年10月1日に、市制15周年を記念し、郷土愛の育成と市内の緑化促進を目的に、一般公募により制定しました。

※平成15年10月に、市制45周年を記念して一般公募により制定しました。

歴史

 明治維新後、廃藩置県によって神奈川県に属し、明治22年、町村制の施行により、小金井村、貫井村、貫井新田、小金井新田、梶野新田、関野新田、十ヶ新田に、下染屋、押立、人見、本多新田、是政、上石原の飛地を加え、現在の市域とほぼ同じ小金井村を発足させました。昭和12年2月11日には町制を施行しています。
 昭和33年4月5日、「地方自治法の一部を改正する法律」が公布、施行され、市になる要件が人口5万人以上から3万人以上に緩和されたことに伴い、昭和33年10月1日に市制を施行しました。

小金井の地名の由来

 小金井の地名は、「黄金に値する豊富な水が出る」ことから、黄金井(こがねい)が小金井になったと言われています。 (東京の名湧水
 また、中世には、現在の前原町南部が金井原(かないはら)と呼ばれており、あるいは、土地の支配者金井氏にちなむ地名という説もありますが、明らかではありません。

小金井市市民憲章

(昭和54年3月20日公示第4号)
 武蔵野のゆたかな緑にかこまれた小金井市は,水清い泉のむらからおこり,名勝小金井桜の地として人々に親しまれ,環境のよい文教住宅都市として発展してきました。
 私たちは,この自然と伝統を生かすとともに,人々の心のふれあいをたいせつにし,真に住みよいまちづくりのために市民憲章を定めます。

 私たち小金井市民は
1 平和をねがい,健康と安全を守り,生活環境の充実につとめ,あかるいまちをつくりましよう。
1 あすをになう青少年をはぐくみ,情操ゆたかな,気品あるまちをつくりましよう。
1 友愛と連帯のもとに,市民の自治をとうとび,調和ある,いきいきとしたまちをつくりましよう。
1 たがいに人権を尊重し,みんながしあわせになるように助けあい,うるおいのあるまちをつくりましよう。
1 緑ゆたかな自然と,貴重な文化財を守り,次の世代に誇りうる,美しいまちをつくりましよう。

お問合わせ

広報秘書課
電話:042-387-9803
FAX:042-387-1224
メールアドレス:s010399@koganei-shi.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る