このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 地域福祉 
  4. 住居確保給付金(家賃補助)の支給対象者が拡大されました

本文ここから

住居確保給付金(家賃補助)の支給対象者が拡大されました

更新日:2020年4月30日

住居確保給付金は、離職や休業等に伴う収入の減少により、住宅を失ったまたは失うおそれのある方に、原則3か月間、家賃相当額(上限あり)を市から住宅の貸主に支給する制度です。

令和2年4月20日から支給対象者が拡大

令和2年4月20日から支給対象者が拡大され、離職した方に加えて、やむを得ない休業等によって収入を得る機会が減少した方も支給対象となりました。
令和2年4月30日から、新型コロナウイルス感染症の影響による就労環境の変化等を踏まえ、求職活動の要件が緩和され、当面の間、ハローワークへの求職申込みについては不要になりました。

いわゆるフリーランスの方や、離職後にアルバイト等で収入を得ている方も、申請月の所得が収入基準額を下回るなどの要件を満たすと申請が可能となっております。

主な支給要件

以下の要件にすべて該当する方は、住居確保給付金の受給資格を満たす可能性が高いため、小金井市自立相談サポートセンターまでご相談ください。

・離職・廃業後2年以内、またはやむを得ない休業等により、収入を得る機会が減少した
・申請月の世帯収入が一定額以下
 (上限例)1人世帯137,700円、2人世帯194,000円、3人世帯241,800円
・預貯金及び現金の合計額が一定額以下
 (上限例)1人世帯504,000円、2人世帯780,000円、3人以上世帯1,000,000円
・上記の状態になる前に、世帯生計を主として維持していた

家賃支給額の上限例

1人世帯53,700円、2人世帯64,000円、3人世帯69,800円

支給期間

3か月間(一定の条件により、3か月間の延長及び再延長が可能)

支給方法

住宅の貸主または貸主から委託を受けた事業者の口座に振り込みます。

申請相談窓口

小金井市自立相談サポートセンター

(まずは電話をおかけのうえ、相談の予約をお願いいたします。)

開所時間

午前8時30分から午後5時まで
(土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。)

所在地

小金井市本町5丁目36番17号 小金井市社会福祉協議会内

電話

042-386-0295
(まずは電話をおかけのうえ、相談の予約をお願いいたします。)

小金井市自立相談サポートセンターの紹介ページです。

お問合わせ

地域福祉課生活福祉係
電話:042-387-9840
FAX:042‐384‐2524 (複数の課で共用しているため、地域福祉課宛とご記入ください。)
メールアドレス:s050199(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る