このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. くらし
  3. べんりに(届出・証明・税・年金・休日窓口等)
  4. 住民登録・印鑑登録・戸籍
  5. 証明発行
  6. 戸籍全部事項証明・個人事項証明、戸籍附票、改製原戸籍謄本・抄本、除籍謄本・抄本、身分証明書

本文ここから

戸籍全部事項証明・個人事項証明、戸籍附票、改製原戸籍謄本・抄本、除籍謄本・抄本、身分証明書

更新日:2022年7月20日

・戸籍全部・個人事項証明書: 戸籍に記載されている方の身分関係(出生・結婚・死亡など)について証明するものです。

・戸籍に記載されている方全員について証明するものを戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)、一部の人だけを抜きだして証明するものが個人事項証明書(戸籍抄本)となります。

・戸籍附票: 戸籍が作られてから現在に至るまでの住所の履歴を記載した証明です。令和4年1月11日(火曜)から、住民基本台帳法の一部改正に伴い、附票の記載事項が変更となりました。附票に記載されている方に「生年月日」と「性別」が記載されます。 ただし、令和4年1月10日以前に、除票(除籍もしくは個人の除籍)となった場合は、記載されません。「本籍・筆頭者氏名」の記載を選択できます。「在外選挙人の登録情報」の記載を選択できます。ただし、市町村の選挙管理委員会に在外選挙人の登録をした方のみ、登録地の市町村名や登録年月日が記載されます。
注記:「戸籍の届出等により氏の変更が生じた戸籍に、戸籍から除かれた方がいる場合」「氏の変更履歴が3つ以上ある場合」において、氏の変更履歴が正しく表示されない不具合が発生しております。この不具合の解消は令和4年9月以降を予定しております。お客様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

・改製原戸籍: 戸籍全部・個人事項証明書には、平成18年2月25日に行われた戸籍の電算化以前に結婚や死亡などで除籍となった方について原則記載されません。また、離婚や離縁などの事項も原則として記載されません。これらの事項が必要な場合は請求してください。

・除籍謄本・抄本: 戸籍に記載されている方が全て除籍となっている場合は除籍謄本となります。除籍になった一部の人を抜き出したものが除籍抄本となります。

・身分証明書: 禁治産または準禁治産の宣告を受けていないこと、後見の登記の通知を受けていないこと、破産宣告または破産手続開始決定の通知を受けていないことを証明するものです。

    取得できる方

    ・戸籍に記載のある方
    ・戸籍に記載のある方の配偶者
    ・直系尊属・卑属の方
    ・身分証明書は本人のみ
    ・上記以外の方が請求する場合は、委任状が必要です
    注記:小金井市に本籍がある(あった)方のみ

    手数料

    交付手数料一覧
      窓口 郵送
    戸籍謄本(全部事項証明) 450円 450円
    戸籍抄本(個人事項証明)
    改製原戸籍謄本・抄本 750円 750円
    除籍謄本・抄本 750円 750円
    戸籍附票 300円 400円
    除籍附票 300円 400円
    身分証明書 300円 400円

    請求に必要なもの

    本人確認書類(免許証、個人番号カード〔顔写真付き住基カードを含む。〕、パスポート、在留カード等)
       
    委任状(代理人の方が請求する場合のみ必要です。必ず注意事項を確認してください)

    ・戸籍に記載されている方以外の方が請求する場合で、小金井市にて関係が確認できない場合は、関係の確認できる戸籍謄本等

    市民課窓口で申請する際にお使いください。市役所にも用紙のご用意はあります。

    第三者の方が申請する場合は、請求理由の疎明資料や社員証等、別途必要なものがあります。詳しくは法人等第三者による証明書の請求方法をご覧ください。

    戸籍の改製について

     小金井市では、平成18年2月25日に戸籍を電算化しました。
     戸籍全部事項証明・個人事項証明には、電算化以前に結婚や死亡などで除籍となった方については原則記載されません。また、離婚や離縁などの事項も原則として記載されません。これらの事項が必要な場合は改製原戸籍を請求してください。

    取得できる場所・時間

    場所:市役所第二庁舎1階 市民課
    時間:平日開庁日は午前8時30分から午後5時まで
        休日開庁日は午前9時から午後1時まで
    市役所の開庁時間中に来庁できない場合は、郵送でも請求できます。
    また、戸籍附票および除籍附票のみ、電話窓口制度をご利用いただいて、夜間窓口等でお受けとりいただけます。

    その他

     保存期間経過により廃棄された附票について、廃棄されたことの証明が必要な方は、廃棄証明を申請してください(1通300円)。
     ただし、除籍・改製の時点で次の方が同一戸籍にいた場合は、該当の附票は150年保存となります。
    ・住所が海外の方
    ・住民登録が職権消除されていた方

    PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
    お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
    Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

    お問合わせ

    市民課市民係
    電話:042-387-9830
    FAX:042-386-2519
    メールアドレス:s030199(at)koganei-shi.jp
    注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

    本文ここまで


    以下フッターです。

    小金井市役所

    〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

    電話:042-383-1111(代表)
    法人番号3000020132101(法人番号について)

    本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

    Copyright © Koganei City. All rights reserved.
    フッターここまでこのページのトップに戻る