このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

子どもの定期予防接種は小金井市以外の医療機関で接種できますか?

更新日:2018年5月1日

近隣13市で定期予防接種を希望する場合

 近隣13市(立川・昭島・小平・東村山・国分寺・国立・狛江・東大和・清瀬・武蔵村山・府中・三鷹市・武蔵野市)の契約医療機関であれば、小金井市の予診票を使用して接種できます。

上記近隣13市以外で定期接種を希望する場合

※「接種前」と「接種後」に手続きが必要です。

「接種前」の手続き(依頼書の申請)

 里帰り出産や入院等で上記以外の医療機関で接種を希望する場合は、「医療機関の院長」もしくは「医療機関の所在地の市町村長」宛ての定期予防接種実施依頼書(依頼書)が必要となり、お電話、ご郵送または窓口で申請をしていただく必要があります。

定期予防接種実施依頼書(依頼書)の申請について
※以下の点について接種を希望する医療機関がある市区町村の予防接種担当にご確認ください。

 (1) 相手方の自治体が依頼書を受け付けてくれるかどうか

 (2) 依頼書の宛名は市区町村宛になるか、医療機関の院長宛となるか

 (3) 依頼書の送付先はどこになるのか

 (4) 接種費用は、無料か自己負担か (※)

※小金井市では定期予防接種費用助成事業(償還払い)により
接種費用の助成があることを必ず伝えてください。

確認後は、申請書をご記入いただき、ご提出ください。
申請書等はページ下の添付ファイルから書式をダウンロードできます。

依頼書の発行について

 申請後、1週間〜2週間ほどで「依頼書」を発行いたします。
※有効期限は「依頼書」発行より6か月です。

接種後の手続き(小金井市予防接種費用助成事業(償還払い)について)

 定期予防接種実施依頼書(依頼書)を使用して、上記以外の市区町村で自己負担により接種された方は、領収書等の必要書類を揃えて小金井市へ申請をしていたければ、接種費用の一部または全額の助成を行います。

依頼書での接種について

 接種を受ける際には、「依頼書」、「小金井市の予診票」または、「母子健康手帳」を医療機関に持参し、ご提示ください。接種後は、医療機関にて接種費用を支払い、領収証予診票(市提出用)を必ず受け取り、大切に保管してください。
※小金井市の費用助成事業を利用する場合は、一旦は保護者の方に費用をご負担いただく必要があります

必要書類について

 接種後は下記のとおり申請を行ってください。受理後、指定の銀行口座にお振込みいたします。

〇申請窓口 

 小金井市健康課(保健センター)
受付時間:平日(月曜日〜金曜日)、午前9時〜午後5時まで)

〇申請時に必要なもの

(1)母子健康手帳
(2)領収証(予防接種の明細を記載してもらう様にしてください)
(3)接種済み予診票(右上に「市提出用」と記載のあるもの)
(4)銀行口座のわかるもの(通帳、キャッシュカード等)

〇申請期間

 最後の接種から1年間

〇振り込みまでの期間

 申請日から概ね1か月後(月末締め、翌月末払い)
※申請後、内容を審査し助成金交付又は不交付通知をお送りします。

〇助成金額

ワクチン毎に市が定める基準額を限度に助成します

注意事項 
 ※次の場合は費用助成対象となりませんのでご注意ください。

〇「依頼書」に記載のない予防接種
〇「依頼書」の有効期限を過ぎた予防接種
〇接種日時点で、小金井市民でなくなった場合の予防接種

依頼書の発行をご希望の場合は、こちらの様式をダウンロードしてご利用ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

健康課健康係
電話:042-321-1240(健康係)
FAX:042-321-6423
メールアドレス:s050499@koganei-shi.jp

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る