このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

令和2年度市施設等からの温室効果ガス排出量の算定結果

更新日:2021年9月30日

 
 市では、小金井市地球温暖化対策実行計画(市役所版)に基づき、平成27年度から令和2年度までの6年間で、平成18年度実測値から14.7パーセントの温室効果ガス排出量の削減を目指しています。
 第3期小金井市地球温暖化対策実行計画(市役所版)の計画最終年であった令和2年度の温室効果ガス排出量は、前年度より8.5パーセント減少したものの、計画基準年度(平成18年度)との比較では15.3パーセント増加という結果となり、目標を達成することはできませんでした。
 基準年当初より電気の排出係数が悪化していることが大きな原因ですが、市民交流センター、公民館貫井北分館、東小金井事業創造センター等の新設や、けやき保育園、あかね学童保育所の建て替えや増設など施設の増加と共に大型化が進んだことが温室効果ガス排出量を増加させた一因と考えられます。
 燃料別使用量で見ていくと、施設の増加にも関わらず都市ガス以外の燃料使用量は全て減っていることから、各施設における省エネ対策は一定の成果を挙げていると思われます。
 都市ガスについては、学校や図書館などの大型施設において空調設備の改修工事が進み、電気を動力とするものからGHPエアコンへの更新が進んだことが原因と考えられます。
 全エネルギー消費量では、前年度より7.3パーセント減少しましたが、これは新型コロナウイルスの影響により、各種イベント等の事業が中止になったことと共に、午後8時までの退庁を徹底したことによる時間外勤務の大幅な削減(前年度比22,553時間減)に因るものと思われます。
 総括すると、各施設においては一定のエネルギー消費量削減の努力は見受けられますが、より一層省エネ対策を推進していくためには、古くなった機器の高効率な機器への更新や、より環境に配慮した電力の調達などが求められます。
 
 市施設等からの温室効果ガス排出量等は、下記からご覧ください。

 市では、小金井市の市民・事業者・教育研究機関・市が一体となって、地域をあげて地球温暖化防止に取り組むために、温室効果ガスの排出を抑制するための施策や対策を総合的に推進していくことを目的として、小金井市地球温暖化対策地域推進計画を策定しています。
 小金井市地球温暖化対策地域推進計画は、下記からご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

環境政策課環境係
電話:042-387-9817
FAX:042-383-6577
メールアドレス:s040199(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る