このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

B型肝炎接種

更新日:2016年10月25日

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染で起こります。感染は、一過性の感染で終わる場合(この場合ほとんどの方が数日で治ります)と、持続感染(感染している状態が続いてしまう状態)となる場合があります。持続感染が長く続くと慢性肝炎を発症することがあり、そのうちの一部の方は、肝硬変や肝細胞がんを発症することがあります。
予防接種を受けることによって、発病を予防する効果が期待できます。

対象者

平成28年4月1日以降生まれの1歳未満児

接種回数

3回
・1回目の接種から27日以上の間隔をおいて2回目を接種します。3回目は、1回目の接種から139日以上の間隔を置いて接種してください。
※「139日以上の間隔を置いて」とは、20週後の同じ曜日から接種可能ということです。

母子感染予防(※)として出生後すぐに接種した場合は、定期接種として接種することはできませんが、健康保険の対象になります。

※母子感染予防での接種とは、HBs抗原陽性の母親から生れた子どもに対し、出生してから48時間以内に1回目の接種を行い、母子感染を防ぐことをいいます。

お問合わせ

健康課健康係
電話:042-321-1240
FAX:042-321-6423
メールアドレス:s050499(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで


以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る