このページの先頭です
このページの本文へ移動

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 政策・計画
  4. まちづくり・都市整備
  5. お知らせ
  6. マンションの管理計画認定制度が始まりました

本文ここから

マンションの管理計画認定制度が始まりました

更新日:2022年4月25日

 令和4年4月1日からマンションの管理に関する計画(以下「管理計画」という。)を各自治体が認定する「管理計画認定制度」が始まりました。この制度は、令和2年6月の「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」の改正によりできた制度です。
 この制度の目的は、マンションの管理組合による管理適正化に向けた自主的な取組の推進や、認定を受けたマンションの市場評価の向上などが期待されています(認定マンションの名称や所在地等の情報が専用の閲覧サイトで公表されます。)。 また、独立行政法人住宅金融支援機構の「フラット35」、「マンション共用部分リフォーム融資」での金利の引下げが実施されるなどのメリットもあります。
注記:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。フラット35はこちらから確認してください(外部サイト)  
 

新制度の概要

1 申請できるマンション

認定の対象は、市内の既存マンションです。
また、申請者は、マンションの管理組合の管理者等となります。
 

2 認定基準

認定基準
項目 内容
管理組合の運営 1 管理者等が定められていること。
2 監事が選任されていること。
3 集会が年1回以上開催されていること。
管理規約 1 管理規約が作成されていること。
2 マンションの適切な管理のため、管理規約において災害等の緊急時や管理上必要なときの専有部の立ち入り、修繕等の履歴情報の管理等について定められていること。
3 マンションの管理状況に係る情報取得の円滑化のため、管理規約において、管理組合の財務・管理に関する情報の書面の交付(又は電磁的方法による提供)について定められていること。
管理組合の経理 1 管理費、修繕積立金等について明確に区分して経理が行われていること。
2 修繕積立金会計から他の会計への充当がされていないこと。
3 直前の事業年度の終了の日時点における修繕積立金の3か月以上の滞納額が全体の1割以内であること。
長期修繕計画の作成、見直し等 1 長期修繕計画が「長期修繕計画標準様式」に準拠し作成され、長期修繕計画の内容及びこれに基づき算定された修繕積立金額について集会にて決議されていること。
2 長期修繕計画の作成又は見直しが7年以内に行われていること。
3 長期修繕計画の実効性を確保するため、計画期間が30 年以上で、かつ、残存期間内に大規模修繕工事が2回以上含まれるように設定されていること。
4 長期修繕計画において将来の一時的な修繕積立金の徴収を予定していないこと。
5 長期修繕計画の計画期間全体での修繕積立金の総額から算定された修繕積立金の平均額が著しく低額でないこと。
6 長期修繕計画の計画期間の最終年度において、借入金の残高のない長期修繕計画となっていること。
その他 1 管理組合がマンションの区分所有者等への平常時における連絡に加え、災害等の緊急時に迅速な対応を行うため、組合員名簿、居住者名簿を備えているとともに、1年に1回以上は内容の確認を行っていること。
2 都道府県等マンション管理適正化指針に照らして適切なものであること。

認定基準の詳細は、次のガイドラインを参照してください。

3 申請手数料

(1) 小金井市に直接申請する場合(紙による申請)
手数料 27,200円
長期修繕計画が複数ある場合の1件あたりの加算金額 15,700円

(2) 公益財団法人マンション管理センターを経由して申請する場合(オンライン申請)
手数料 3,900円
長期修繕計画が複数ある場合の1件あたりの加算金額 1,700円

注記1:長期修繕計画が複数ある場合は、2件目以降の長期修繕計画1件あたり、上記の金額を加算します。詳細については、小金井市都市整備部まちづくり推進課にお問合せください。
注記2:公益財団法人マンション管理センターを経由して申請する場合は、別に公益財団法人マンション管理センターへの事前認定申請手数料が必要です。外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益財団法人マンション管理センターのホームページはこちらをクリック(外部サイト)

4 管理計画認定制度の流れ

事前申請から認定までの流れ(一例)
1 マンション管理センターへ認定申請を依頼
2 マンション管理士の事前確認
3 事前確認適合通知(適合証)の発行
4 小金井市へ認定申請
5 認定

5 認定の有効期間

認定の有効期間は、認定を受けた日から5年間です。
認定の更新を受けた場合は、その有効期間は従前の認定に係る有効期間の満了日の翌日から起算して5年間となります。
有効期間の満了日までに認定の更新申請を行わない場合、認定は失効します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

まちづくり推進課住宅係
電話:042-387-9861
FAX:042-387-2331
メールアドレス:s060899(at)koganei-shi.jp
注記:迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

小金井市役所

〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

電話:042-383-1111(代表)
法人番号3000020132101(法人番号について)

本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

Copyright © Koganei City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る