このページの先頭です
このページの本文へ移動


本文ここから

マイナンバー通知カードに関する各種手続について

更新日:2016年12月12日

 このページでは、通知カードに関する手続についてまとめています。

記載内容に変更があったとき(表面記載事項変更届)

 引越しや結婚などに伴い通知カードの券面事項(住所・氏名・生年月日・性別)に変更があった場合は、通知カードの裏面に変更した内容を記載します。
 同一世帯全員分の通知カードについて、世帯の代表者がまとめて手続することもできます。通知カード表面記載事項変更届に必要事項を記入の上、該当者の通知カードと代表者の本人確認書類(原本)を持参して市民課窓口までお越しください。
 別世帯の代理人の方が手続する場合は、委任状(委任する世帯の代表者のもの1通)と委任者含む世帯全員及び代理人の本人確認書類(原本)が必要となります。詳しくはお問合せください。

紛失したとき

 通知カードを自宅以外で紛失した場合は、まずは警察へ遺失届を提出してください。

 その後、通知カードの再交付を申請するか(原則有料)、通知カードの再交付をせずにマイナンバーカードを作ること(初回無料)ができます。
 また、マイナンバーの確認だけであれば、マイナンバー(個人番号)記載の住民票を取得していただくことで、その場で確認することが出来ます。

再交付を希望するとき

 紛失後、通知カードの再交付を希望する場合は、あらためて申請が必要となります。以下のものをお持ちの上、受付窓口へお越しください。

  • 警察署に紛失の届出をしたことを証明する書類(遺失物届の受理番号が書かれたもの等)
  • 届出人の本人確認書類

       代理人が申請する場合は、上記に加え以下の書類が必要です。

      • 任意代理人が手続する場合は、「委任状(同世帯員であっても委任状が必要です。)」
      • 別世帯の法定代理人が手続する場合は、「法定代理人であることを証明する書類(戸籍謄本や登記事項証明書)」

      ※通知カードの再交付の申請受付後、全国の市町村からカード作成の委任を受けている地方公共団体情報システム機構(J−LIS)が通知カードを作成し、約3〜4週間後に、住民票の住所の世帯主宛に転送不要の簡易書留で郵送されます(原則有料。手数料は、1枚500円です。ただし、海外から帰国した場合、平成27年10月5日以降日本での住民登録が新たにされた場合などは無料となります)。

      漏えいの可能性があるため、マイナンバーの変更を希望するとき(個人番号指定請求)

       通知カード紛失により、マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあると認められる場合は、マイナンバーの変更手続をすることができます。以下のものをお持ちの上、市民課窓口へお越しください。
       個人番号指定請求後、古い通知カードが見つかっても、番号が変更されているため、使用することはできません。旧通知カードは返却してください。
       なお、全国的なサーバーのメンテナンスにより、毎週土曜日・日曜日は手続できませんので、ご注意ください。

      • マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあることを証明する書類(警察署に紛失の届出をしたことを証明する書類等。書類が提示できない場合はご相談ください。)
      • 届出人の本人確認書類

       代理人が申請する場合は、上記に加え以下の書類が必要です。

      • 本人(複数いる場合は全員分)の本人確認書類
      • 任意代理人が手続する場合は「委任状(同世帯員であっても委任状が必要です。)」、法定代理人の場合は「法定代理人であることを証明する書類(戸籍謄本や登記事項証明書)」

      返却するとき

       通知カードには、日本人、外国人問わず、有効期限はありません。
       ただし、以下に該当する場合は、通知カードを返納する必要があります。必ず市民課窓口へ通知カードを返却してください。

      • マイナンバーカード(個人番号カード)の交付を受けようとするとき(交付時に引き換え)
      • 海外へ転出したとき
      • 死亡したとき
      • 個人番号を変更したとき (個人番号指定請求をしたとき)
      • 通知カードの再交付を受けたあと、紛失していた通知カードを発見したとき

       返却する際は、以下のものをお持ちの上、受付窓口へお越しください。

      • 該当者の通知カード(本人確認書類にはなりません)
      • 届出人の本人確認書類

      ※代理人が申請する場合は、上記に加え委任状が必要です(死亡したときを除く)。
      ※国外転出した場合は、返納した旨をカードに追記後、届出人に還付します。

      PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
      お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
      Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

      お問合わせ

      市民課市民係
      電話:042-387-9830
      FAX:042-386-2519
      メールアドレス:s030199@koganei-shi.jp

      本文ここまで

      サブナビゲーションここから

      お気に入り

      編集

      情報が見つからないときは

      サブナビゲーションここまで

      以下フッターです。

      小金井市役所

      〒184-8504 東京都小金井市本町6丁目6番3号

      電話:042-383-1111(代表)
      法人番号3000020132101(法人番号について)

      本庁舎と第二庁舎の受付時間は、午前8時30分から午後5時まで、土曜、日曜、祝日と12月29日から1月3日までの間はお休みです。

      Copyright © Koganei City. All rights reserved.
      フッターここまでこのページのトップに戻る